【会社員必見】”申告なし” and ”年末調整”で会社員の税金を減らす技

今回は、長い前提を経て会社員の税金を減らす「具体的な手段」について解説していきます。

なお内容は、大きく以下の4区分に分けています。

・申告なし
・年末調整
・確定申告
・働き方改革

今回は、「申告なし」「年末調整」で税金を減らす手段について取り上げていきます。

過去に個別解説しているものも多いので、そちらに関してはリンク貼っておくので、参照してみてください。

また、HigeDaoの独断と偏見による「おすすめ度」「使いやすさ」「難易度」をそれぞれ「S~C」でランク付けしています。高ランクほどおススメで、使いやすく、難易度も低いと考えていただければと思いますので、始める際の参考にしていただければ幸いです。

「申告なし」で利用できる制度

まず、この「申告なし」というの用語の意味について

これは、「年末調整」や「確定申告」が不要という意味です。

以下の制度を利用するうえで、必要書類を記載することにより一定条件までであれば、申告は不要になる制度なので、状況によっては「確定申告」が必要になりますので、注意は必要です。

ふるさと納税

・おすすめ度:A
・使いやすさ:S
・難易度:A

ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付ができる仕組みのことで、所得による上限はありますが、実質自己負担額2,000円で税金の還付・控除が受けられ、さらにお礼品として、自治体から特産品や宿泊券などをもらえます

年間寄付先が5自治体以内であれば、年末調整や確定申告も必要ないため、非常に使いやすい制度です。

自己負担額2,000円の上限についても概算額は「ふるさとチョイス」などの大手サイトであれば、計算できるツールがありますし、メジャーな制度で情報収集もしやすいため、あまり難しさを感じず、かつ返礼品を楽しみながら取り組めるので、入口として非常に始めやすい制度です。

個人的には、あまり欲しいものがないことや、高所得者ほど自己負担額2,000円の上限額が増える高所得者優遇の仕組みは少し残念なので「A」にしています。

まー寄付という名目で、返礼品が貰えるだけありがたいですが…

詳しくは、以下を参照してみて下さい。

関連記事

今年もそろそろ終わりということで、駆け込みでもできるメジャー税制制度「ふるさと納税」について解説していきたいと思います。タイトルで「お得なのか?」と書いてありますが、個人的には「まーそこそこお得ですよね」という感覚です。うまく使えれ[…]

関連記事

今回は、ふるさと納税についてQ&A方式で他のサイトなどではあまり触れられていない内容について、ピンポイントで解説していきたいと思います。「ワンストップ特例」と「確定申告」どちらがお得?ふるさと納税を利用するうえで税額控除を受ける手段[…]

NISA

・おすすめ度:S
・使いやすさ:S
・難易度:B
通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。NISAは、「NISA口座」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税、つまり、税金がかからなくなる制度です。
NISAは、投資ありきの制度になりますので、節税云々の前に投資による損失リスクはあります。投資は、やらなければ損することはありませんし、利益が出ると税金がかかるのでメリットを感じ得ない方もいるかもしれません。
ただ、現在の日本の年金制度はあてに出来ませんし、預金利息もスズメの涙、会社員だけの収入を貯金して生活していき、老後まで安定して暮らすことができる人が今どれだけいるでしょうか?
コロナ禍で特に収入源の分散の必要を感じている方もいるのではないでしょうか?
国もNISAによる、個人の資産づくり促進と「貯蓄から投資へ」の流れを促すことによる経済の活性化を期待しており、老後資金確保はもちろん、資産・収入源の分散、節税という面で非常にオイシイ制度だと思います。
一度「NISA」については、詳しく解説しようと思いますので、ここでは以下表で簡単にイメージを持っていただければと思います。

NISA

つみたてNISA

ジュニアNISA

象者

日本居住の20歳以上の方
(口座開設年11日時点)

日本居住の0歳~19歳の方
(口座開設年11日時点)

年間上限額

120万円

40万円

80万円

非課税期間

最長5年間

最長20年間

最長5年間

投資商品

国内株式

国外株式

株式投資信託

不動産投資信託 etc

指定の株式投資信託のみ

国内株式

国外株式

株式投資信託

不動産投資信託 etc

メリット

・投資商品の選択肢が多い

・年間120万円の非課税枠

・自分で売買のタイミングを決められる

・非課税期間が最長20

・決まったタイミングでの自動買い付けのため、初心者でも始めやすい

・国が定めた投資信託商品のため比較的投資リスクが少ない

・子どもや孫の将来に向けた資産形成を早い段階で出来る

・投資商品の選択肢が多い

デメリット

・非課税期間が5年と短いため、長期投資目的だと非課税の恩恵が薄れる

・自分で投資商品を選択するため、投資知識が必要となり、「つみたてNISA」と比較すると損失リスクがある

・投資商品が投資信託に限られる

・年間非課税額が40万円なので、長期的運用が必要

18歳まで引出制限あり

・非課税期間が5年と短いため、長期投資目的だと非課税の恩恵が薄れる

・金融機関の変更ができない

自分で投資商品を選択するため投資知識が必要となり、「つみたてNISA」と比較すると損失リスクがある

現在、NISAで使える制度は上記3つがあり、各個人の状況に応じて自由に制度を選択・変更できるため非常に使いやすいです。

とはいえ、NISAの制度理解は情報が多くとっつきにくい点もあること、投資になるのでやはり自分で投資先についても勉強する必要があります。

なので、投資初心者の方であれば、
「つみたてNISA」→「NISA」→「NISA」&「ジュニアNISA」
の順番で取り組むのが理想かなと思います。
「つみたてNISA」と「NISA」は併用できないので、まず「つみたてNISA」でNISAの制度や投資の勉強をしながら、少額で初めてみます。その後、「NISA」に切り替えて自分で投資商品を運用していきます。「ジュニアNISA」は、結婚して子供ができ資金に余裕ができたタイミングで始めることで、早期から子供の資産形成を行うことが可能となります。
なお、NISA口座における非課税範囲内の金額運用については原則、確定申告は不要です。
株式については、以下記事で過去取り上げています。
「確定申告の必要となる場合」や少し難易度高めですが、状況によっては「節税」になる場合について解説していますので以下も参照してみて下さい。
関連記事

以前「投資に関する確定申告」の記事で少し触れた「配当所得について所得税の確定申告では総合課税を選択し、住民税については個別申告をすることで申告不要を選択し、その申告者の所得によっては所得税が還付され、かつ、住民税についても申告不要時[…]

関連記事

前回の配当所得の続きで、今回は1、確定申告で所得税については総合課税を選択して申告する2、住民税については個別申告するその理由とやり方について説明していきます。なおNISA口座内の配当で、非課税範囲内での金額[…]

「年末調整」で利用できる制度

13種類の控除一覧

まず簡単に年末調整で受けられる控除を確認しておきましょう。

各控除内容については、最後の年末調整関連の記事から参照してください。

無条件控除

・基礎控除
・給与所得控除
基礎控除は全人類
給与所得控除は会社員であれば、必ず受けられる控除です。

人的控除

・配偶者控除
・配偶者特別控除
・扶養控除
・障害者控除
・寡婦控除、寡夫控除
・勤労学生控除
人的控除とは、納税者個人や親族の状況等により受けることのできる控除となりますので、中々自分から意図して控除を受けられる状況にもっていくのは少し難しいと思います。
そのため、各控除に該当すれば漏れなく利用していくという項目になります。

関連記事

今回は、年末調整「書き方編」です従業員の方は、11月くらいから随時渡される年末調整書類について必要事項を記載して、11月末くらいまでに会社に提出するだけです。会社によって年末調整のタイミングはもちろん、記載方法、必要資料も変[…]

扶養控除等申告書

関連記事

年末調整申告書の書き方シリーズ最後は「基礎控除申告書・配偶者控除等申告書・所得金額調整控除申告書」について解説していきます。昨年まで「給与所得者の配偶者控除等申告書」という申告書でしたが、様式が変わり今年から長ったらしい名前[…]

配偶者控除申告書

物的控除

・社会保険料控除
・小規模企業共済等掛金控除
・生命保険料控除
・地震保険料控除
・住宅借入金等特別控除(2年目以降)

物的控除とは、各種保険料や掛金、住宅ローンの支払い状況によって受けることのできる控除です。

住宅借入金等特別控除については、1年目は確定申告が必要で2年目以降年末調整で行うことができます。詳細は、次回解説します。

この項目は、人的控除と異なり保険や住宅ローン等の加入によって控除を受けられるため、自分の意志で受けることのできる控除です。ただ、あくまで主体は何かあった時の保険という意味合いが強いため、資金状況を圧迫してまで控除を取りに行くほどのものではありませんので、個人のライフスタイル、資金状況に合った保険等の加入をおススメします。

今回は、この控除のうち「小規模企業共済等掛金控除」の控除に参入することができる個人型確定拠出年金、いわゆる「iDeCo」について簡単に紹介していきます。

関連記事

前回の「扶養控除等申告書」に引き続き、今回は「保険料控除申告書」の書き方について解説していきます。保険料控除申告書とは、個人で契約した生命保険や地震保険などについて、1年間で支払った保険料から計算した所得控除の金額のことを申告する書[…]

保険料控除申告書

関連記事

前回に引き続き「保険料控除申告書」の書き方パート2です。今回は「地震保険料控除」「社会保険料控除」「小規模企業共済等掛金控除」の3種類の控除申告の書き方について解説します。地震保険料控除[…]

保険料控除

FX初心者向けガイド

iDeCo

・おすすめ度:B
・使いやすさ:A C
・難易度:B

iDeco(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことで国の年金だけでは足りない老後資金を税金メリットのある仕組みを使って積み立てていく制度です。口座開設後に毎月自分で掛金を出して投資信託や預貯金などで運用していきます。

iDecoを使って老後のために積立をすると、毎月の掛金を支払う時には、その掛金が所得控除の対象となります。この控除が物的控除の中の「小規模企業共済等掛金控除」となります。

上記「ふるさと納税」や「NISA」に並んでよく聞く節税策に挙げられますが、個人的には、あまり推していません。

過去にもその理由については書きましたが、iDeCoについては、しっかりとした出口戦略を立てられ、かつ、他の制度以上に制度を理解して、初めておススメの節税策といえます。

この出口戦略というのは、

「iDeCoを取り崩して、年金として受け取る時のことを考えておこう」

ということです。

 

というのも、あまりにも目先の所得控除無税などの触れ込みが一人歩きしていること印象があるからです。

以前、某金融機関の若い営業の子が、偉そうに「iDeCo」の偉大さを熱弁しておりました

何も知らんふりして話聞いていたら、

「年金受取時も一括受取で退職所得控除を使えば、税金かかりませんよ

とほざいていました。

 

録音しとけばよかったとつくづく後悔しております。

というのも税金かからないというのは、大きな間違いで、状況によりけりです!!

だからこそ是非制度を理解のうえ、「iDeCo」は利用していただきたいと思います。

しっかり理解して利用できれば「iDeCo」についてもオススメの制度の部類にはなりますが、多少税金の知識が必要になるので税理士やファイナンシャルプランナーなどに相談された上で利用する方が安パイな気はします。

関連記事

皆さん老後資金にかかる税金についてちゃんと考えていますか?先日父から確定拠出年金の受け取りについて相談を受けました。最近流行りのやつです個人型の確定拠出年金は「iDeCo」企業型のものは、「企業型DC」といわ[…]

関連記事

前回、概要編でiDeCoなどの確定拠出年金について・マイナスリスクの可能性・利益が出ても老後に税金の支払いが待っているこの2点については絶対に抑えておくべきと話しました。今回は、この2つ目の老後の税金の支払い[…]

さいごに

ここまで、「申告なし」「年末調整」で利用できる税金を減らす手段について紹介してきました。

なお、ここまでで紹介した制度は、「確定申告」でも利用することができますので、もし漏れがあれば「確定申告」で利用していきましょう。

次回は、「確定申告」で利用できる税金を減らす手段について紹介していきます。

最新情報をチェック!