「生計を一にする」とは?

年末調整や確定申告でもよく聞く「生計を一にする~」というワード

なんとなくわかるけど、しっくりは来てない方は多いのではないでしょうか。

今回は、この「生計を一にする~」について解説します。

生活費の共有の有無が論点

まず、「生計を一にする」の公式見解として国税庁のHPの説明から見ていきます。

日常の生活の資を共にすることをいいます。

会社員、公務員などが勤務の都合により家族と別居している又は親族が修学、療養などのために別居している場合でも、

①生活費、学資金又は療養費などを常に送金しているときや、

②日常の起居を共にしていない親族が、勤務、修学等の余暇には他の親族のもとで起居を共にしているときは、

「生計を一にする」ものとして取り扱われます。

要約すると

同じ家で暮らしている親族は、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、共働きであっても生活費を共有していれば生計を一にする親族として認められます。

また、単身赴任や大学進学による一人暮らしで、同居していない状況であっても、単身赴任先から、又は親元から生活費等を送金している事実があれば生計を一にする親族であると認められます。

ここでいう生活費とは、家賃や光熱費、食費などの衣食住に係るような一般生活費をいい、「生計を一にする」とは、個人の収入や、同居や別居の居住体系で判断するのではなく、あくまで生活費の共有の有無が重要な論点ということです。

具体例

イメージしやすいように具体例をいくつか示します。

夫婦と子供一人の世帯で、夫の収入で養っている

夫と妻、夫と子供

どちらとも「生計を一にする」に該当します。

両親と同居していて、息子が両親を養っている

息子と両親は「生計を一にする」に該当します。

娘が進学のため県外で一人暮らしをしており、親が生活費を仕送りしている

親と子は「生計を一にする」に該当します。

夫が単身赴任で妻と子と離れて生活しており、夫が生活費を仕送りしている

夫と妻、夫と子供どちらとも「生計を一にする」に該当します。

離れて暮らす両親に生活費を仕送りしている

親と子は「生計を一にする」に該当します。

「生計を一にする」が要件となる制度

医療費控除

自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族の医療費を支払った場合に、一定金額の所得控除を受けることができ、確定申告でのみ申告可能

雑損控除

自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族が災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、一定金額の所得控除を受けることができ、確定申告でのみ申告可能

扶養控除

自己と生計を一にする配偶者以外の親族のうち一定要件を満たす場合、一定金額の所得控除を受けることができ、年末調整・確定申告で申告可能

配偶者控除

居住者と生計を一にする配偶者で控除対象配偶者に該当する場合は、一定金額の所得控除を受けることができ、年末調整・確定申告で申告可能

社会保険料控除

自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合、一定金額の所得控除を受けることができ、年末調整・確定申告で申告可能

地震保険料控除

自己若しくは自己と生計を一にする配偶者その他の親族の有する居住家屋で負担すべき地震保険料を支払った場合、一定金額の所得控除を受けることができ、年末調整・確定申告で申告可能

ちなみに、生命保険料控除は、「居住者が受取人のすべてを本人又はその配偶者その他の親族とする生命保険契約の保険料を支払った場合」となっているので、「生計を一にする」要件はありません。

さいごに

以上

ここまで「生計を一にする」について解説しました。

なお、所得税の確定申告や年末調整だけでなく、相続税の計算で節税効果の高い「小規模宅地等の特例」においても「生計を一にする親族」要件があります。

いろんなところでこの「生計を一にする」要件は出てくるので、しっかり内容理解して賢く節税に利用しましょう。

最新情報をチェック!