損益計算書③ 一番注目すべき利益は?

今回も前回に引き続き、損益計算書を見るうえで抑えとくべきポイントの③から見ていきたいと思います。今回も参考に損益計算書を張り付けておきます。

 

損益計算書の利益

損益計算書上で表示される利益は5種類あります。

前回の記事で『収益』と『費用』は一定の性格ごとに分類される旨を説明しましたが、ここではその分類に応じてそれぞれ表示される利益について各項目に分けて、説明していきたいと思います。

なお、どの利益ももちろん重要ですが、各部門や立場によって負担すべき費用のウエイトは異なるため、それぞれ重要・管理すべき利益の考え方は異なります。そこで実務的な管理会計の要素も踏まえて、それぞれの利益について管理すべき部門についても述べていきたいと思います。

売上総利益(粗利益)

売上から直接必要な売上原価のみを差し引いた利益をいい、一般的に未完成な粗削りな利益であることから実務的には粗利とよく言われます。

売上総利益は、一番最初に算出される利益で、金額は最も大きく、基本的には他の利益がここを上回ることはほとんどありません。損益計算書の特徴は上から引き算で計算していくので、ここでしっかり利益を出しておかなければ、後に続く費用を賄えないので、ある程度の利益をここで出すことが望まれます。

なお、売上総利益を算出するための費用部分は、売上原価となるので、この数値の管理を担う製造現場、在庫管理におけるトップが注視すべき利益と考えられます。

営業利益

売上総利益から売上にかかるコストである販売費及び一般管理費を差し引いた利益をいいます。

営業利益は、営業活動の本質的な利益であり、本業の成果を表示した利益であるため、本来の会社の収益力を示す部分で、株主が重視すべき利益の1つとなります。

なお、営業利益を算出するための費用部分は、販売費及び一般管理費となるので、この数値の大部分を占める営業本部部門のトップが注視すべき利益と考えられます。

経常利益

営業利益から営業活動以外の損益を差し引いた利益をいいます。

経常利益は本業利益である営業利益に、財務関連の収入と費用を加減算した利益であるため、事業の総合的な収益力を示す部分で、営業利益と同様に株主が重視すべき利益の1つとなります。

なお、経常利益を算出するための損益部分は、財務関連に関する損益となるので、この数値の大部分を占める財務関連における経費の管理を担う経理、財務部門のトップが注視すべき利益と考えられます。

税引前当期純利益、当期純利益

経常利益から臨時損益などの非経常的な損益を差し引いた利益で税金を差し引く前の利益税引前当期純利益から税金差引後の利益をいいます。

税引前当期純利益は、特別損益を加減算した利益であり、当期純利益は、そこから税金を差し引いた利益であり、経営活動を総括した最終成果を示す部分です。

なお、当期純利益は最終の総括部分であるため、会社のトップである経営者が注視すべき利益と考えられます。

さいごに

以上ここまで、損益計算書の利益について解説してきました。

今回の利益部分の話に関して言えば、一般的には営業利益や経常利益が重視されがちです。

ただ、会社内部でいえば、全員がその部分を注視している会社よりも、それぞれの利益に注意の目が行く会社が望ましいと考えられます。

経営者は本来すべての利益に注視すべきであるが、多忙を極める経営者も多く、現実的にはすべてを見ることは困難なことが多い。

そのため、最終利益である当期純利益については、しっかり注視してもらい、各部門でその他の各利益を注視することで、財務からのメッセージを見落とさない体制を作ることが必要と考えられます。

次回は、例を織り交ぜて、実例形式で損益計算書を見ていきたいと思います。

最新情報をチェック!