iDeCoは「出口戦略」がなにより重要【概要編】

皆さん老後資金にかかる税金についてちゃんと考えていますか?

先日父から確定拠出年金の受け取りについて相談を受けました。

最近流行りのやつです

個人型の確定拠出年金は「iDeCo」

企業型のものは、「企業型DC」といわれます。

一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

国も推進していることから一見メリットが多いような制度ですが、しっかりとした出口戦略を考えておかないと、老後に多額の税負担が必要になるので注意が必要です。

概要

年金というと公的なイメージですが、簡単にいうと確定拠出年金とは、任意の年金で老後に備えるための投資商品です。

加入者は掛金を支払い、対象金融商品の中から商品を選び、年金資産の運用も自ら行います。将来受け取る額は運用成績によって変動します。

2017年1月から利用対象者が拡大し、原則として自営業者や会社員、公務員、専業主婦など、20歳以上60歳未満の人であればほとんど全員が利用できるようになっています。

個人型と企業型の違いと共通点

iDeCo(イデコ)

自分で掛金の金額を決め、自分でお金を支払います。掛金が全額所得控除の対象となるので、確定申告・年末調整により税金の還付が受けられます。

企業型DC

企業が決まったルールに基づき、掛金の額を支払います。企業が掛金を負担するので、個人の所得控除は受けられず、会社の経費となります。なお、従業員が一部掛金を負担する「マッチング拠出」という制度については、従業員の支払った掛金は個人の所得控除の対象となります。

共通点については、拠出した掛金の運用年金の受け取り方自分で決定する必要があります。

メリット

では、本題の税制面について書いていきます。一般的に言われるメリットは以下の3点です

掛金の所得控除や経費化による節税

先ほども話した通り、毎年支払う掛金については、個人の場合は年末調整や確定申告により所得控除が受けられ法人の場合は、従業員の掛け金を経費(費用)計上することができるため、節税効果があります。

運用利益が非課税

通常、個人で株式や投資信託を運用すると利益に対して、20.315%の所得税が課税されます。しかし、確定拠出年金の運用中は利子や売却益、配当などの運用益は非課税になります。

年金受取時に退職所得控除か公的年金等控除、または両者を受けることができる

確定拠出年金は、受け取り方を自分で選択することができ、以下の3パターンの受け取り方に分けられます。

年金として受け取る

運用を継続しながら5年以上20年以内で年金として受け取るパターンで、「雑所得」としてその年の公的年金と合算して税金の計算をします。超えた部分は課税の対象となります。

一括で受け取る

運用していた金融商品をすべて売却して一括で受け取るパターンで、「退職所得」とみなされますので、「退職金控除」の対象となり、大きな税制優遇があります。

年金と一括の併用

①と②の併用で、「雑所得」「退職所得」が発生し、それぞれの控除を受けることが可能です

デメリット

ここまでだけなら、運用のタイミングでは、掛金のみの負担で、税金の負担は特になく、節税効果もあり、受け取り時も一定の所得控除が受けられるため、一見すると素晴らしい節税商品のように感じます。

ただ、これは逆に言い換えると掛金の金額も運用益も全て、老後の受け取り時に税金の支払いを繰り延べしているとも捉えられます。

極端な話でイメージすると、

AさんはiDeCoに加入し、毎年50万円の掛金を支払い、毎年掛金の2倍となる収益100万円が出ています。毎年の利益部分50万円については、非課税なので、税金はかかりません。これが仮に30年続くと資産は3,000万円になります。もちろん30年間毎年出た利益については、税金はかかりませんが、これを受け取ろうとすると3,000万円まで膨らんだ金額は、受け取り時に一気に税金の支払い対象に変わります。

これが課税の繰り延べ」といわれるゆえんです。

なので、ここでAさんは、この3,000万円を、どのように受け取るかという出口戦略が非常に重要なってきます。そもそも1,500万円投資して3,000万円になればよいですが、受取額についても、運用の成果によって変わってくるので、老後にどれだけの金額になっているかはわかりません。

最近よくiDeCoが良いという話をなんとなく聞いて、目先の税金の支払いがないことや老後資金が不安だからなんとなく加入するという安易な理由で始める方も少なからずいるような印象を受けます。

確定拠出年金は、

・あくまで投資商品であり、マイナスリスクもある

・利益が出ても、老後に税金の支払いが待っている

この2点をしっかり抑えておく必要があります。

さいごに

やたらとマイナス点ばっかり強調しましたが、それでもしっかり使えれば、確定拠出年金はかなりの節税効果が見込めるため、ちゃんと制度を理解し、常に出口戦略を考えることが重要です。

次回は、私が父のために計算したシミュレーションを一部加工したもので、出口戦略の部分について説明できればと思います。

最新情報をチェック!