【メルカリ】フリマアプリでモノを売ると申告が必要?【課税判定編】

そろそろ確定申告が近いということで、今回は「フリマアプリによるモノの販売」について確定申告は必要なのか?について解説していきたいと思います。

最近は、メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどスマホ1つで簡単にモノの売買ができる時代です。しかし、手軽が故に煩わしい税務的リスクを軽視し無知な方が多い印象を受けます。多くの方は、モノを売るまでの入口段階では積極的な情報収集をされますが、モノが売れてからの出口に関しては、どうしても情報収集の力が弱くなる傾向にあります。

そのため今回から3回にわけて「フリマアプリの税金の仕組み」「確定申告方法」「課税リスク」を解説していきたいと思います。

販売する「モノ」の所得対象判定

今回は、フリマアプリでどのようなモノの販売が確定申告の所得計算の対象になるかを見ていき、次回以降でそのモノをどれだけ販売すると確定申告をしなければならないかを見ていきます。

〇 確定申告が「不要」な販売
生活用動産の販売

〇 確定申告が「必要」な販売
貴金属や宝石、書画骨董などで1個または1組の価額が30万円を超えるもの(譲渡所得)
営利目的で得た利益(事業所得 or 雑所得)

生活用動産の販売は、確定申告が不要なモノの販売に該当するため所得計算は行う必要はありませんが、それ以外のモノの販売については、確定申告を行うための所得計算に含む必要があります。これは、所得計算に含める必要があるだけで、次回解説する確定申告の必要な金額以下であれば確定申告は不要になります。

まず「生活用動産」の一般的な考えは、生活をするうえで必要なものをいいます。具体的には、通常生活の中で使用する具や家電、什器、衣服、書籍やゲーム、DVDから通勤用の車など該当するものは幅広いです

「生活用動産」の販売は、不用品の整理やリサイクルという観点から一般的に営利目的ではないと考えられること、そもそも生活利用したモノを販売するということで、販売者の元の購入価格を超えて売れることや価値の減少を見込んでも利益が出ることは、ほとんどないと想定されることから非課税所得として確定申告の必要はないとされています。

裏を返せば、生活に通常必要でないものを売却した場合には、例外として課税される可能性があるということです。これに該当するのが、コレクター性の高い骨董品や美術品、1個30万円以上の貴金属や宝石類等でこれらは、通常の生活に必要のないある種の趣味に該当するようなものです。

確定申告が必要な所得となる場合の具体例

ここでは、確定申告が必要となるケースを具体的に見ていきます。

コレクター品の売却

自分では要らないと思っていても他人には価値のあるものもあります。コレクター品やレトロ品などは希少なものは、とんでもない高値で売れることもあります。名盤や廃盤のレコードは数万円になるものもあります。これらは「生活に通常必要でない動産の譲渡」にあたりますので、課税の対象となります。

例えば、1万円で購入したレコードが5万円で売れたとします。メルカリでは販売手数料10%差し引かれ、入金金額は45,000円。送料が500円かかった場合

入金額45,000円-取得費10,000円-送料500円=34,500円が所得となります。
このようなレコードを10枚まとめて売ったり、年に数回売ったりした場合、年間合計所得が20万円を超えてくると確定申告が必要になります。

非売品の売却

限定イベントなどで配布されたCDやレアアイテムの非売品についてもコレクター品と同様に価値のあるものとして「生活に通常必要でない動産の譲渡」にあたりますので、課税の対象となります。

無料配布されているので、取得費は0円かと思いがちですが、取得するにあたって交通費などの経費が掛かっている場合があり、それらの諸経費を入金額から差し引いて所得を計算することになります。

こちらもコレクター品の売却と同様、その所得が年間で20万円を超えたり、営利目的で反復継続的に売買している場合、確定申告が必要になります。

ダイヤモンドの売却

ダイヤモンドは「1個又は1組の価額が30万円を超える宝石・貴金属・書画・美術工芸品」が生活用動産の例外とされているため、課税の対象となります。

さいごに

以上ここまで確定申告の必要があるモノとないモノをそれぞれ見てきました。

「生活用動産」だけの販売であれば、確定申告は必要ありませんので大部分の方は、確定申告は不要になるのではないでしょうか?

ただ、生活用動産の販売が金額的に大きいものであれば、万が一税務調査が来た時に備えて、その販売した商品が生活用動産に該当する説明できるような根拠資料くらいは残しておいた方が良いかもしれません。

なお、今回例として挙げていないですが、厳密に考えるとゴルフクラブや楽器等についても「生活用動産」ではなくコレクター性の高い趣味に該当するモノに近いと考える方が妥当であり、どこまで突っ込まれるか定かではありませんが、これらの販売はグレーゾーンになる可能性があるため、注意が必要です。

次回は、今回の課税の対象になるモノをどれだけ販売すると確定申告をする必要があるのか、そしてそれぞれの所得計算方法について解説していきます。

メルカリ
最新情報をチェック!