【事業再構築補助金】HigeDao式「事業計画書」

今回は、事業再構築補助金の一番の肝である「事業計画書」の作成について解説していきます。

事業計画書とは

作成の目的

事業計画書の目的は事業運営を今後どのようにしていくのか、具体的な方向性を社内外に示すことを目的に作成されます。

特に「資金調達」の段階で必要になることが多く、今回の事業再構築補助金のような「補助金の支給」「金融機関からの融資」「投資家からの出資」が例に挙げられます。

資金を出す側である、国や地方公共団体、金融機関、投資家は、慈善活動的に資金を出してくれるわけではなく、現在~未来に何かしらの「期待感」や「メリット」をもたらしてくれる事業者でなければ資金は出してくれません。

その「期待感」や「メリット」があるかを判断する材料が、事業計画書というわけです

また資金調達以外にも、事業計画書の作成は事業主自身が今後の方向性や目標を見直すいいキッカケ」にもなります」

副業ベースで事業を行うのであれば「なんとなく」の行き当たりばったりで事業を行うのも良いでしょうが、本気で事業を行うのであれば、早い段階で明確な目標や方向性は明らかにして事業を行うべきです。

事業計画書を作成するときは、頭の中で思い描くだけでなく実際に書き出して可視化し、自分の思考を整理するとともに、客観的に検討してみましょう。

新しい気付きと共にアイデアが生まれるかもしれません。

そして事業計画は、あくまで計画であるため、計画通りにいかないこともあるでしょう。そのため節目、節目のタイミングで、アップデートしていきましょう。

複数人で事業を行っているのであれば、可視化した事業計画書により「事業が今後どのような方向に進むのか」などを認識共有すると、迷わず同じ方向を向いて事業を行うことができます。

フォーマット

事業計画書は、特に決まったフォーマットがあるわけではありません。

ネット上に様々なテンプレが出回っていますが、個人的にはそういった書式に無理矢理記入していくより、自分の頭で考え、それを言葉や図表などに自由に表現していく方が良いと思います。

それは、事業主自身が考え抜いた事業計画を事業主自身の言葉で表現するからこそ、魂のこもった事業計画書が作成できるからです。

前回の記事でも書きましたが、事業計画書を読むのは「ヒト」です。

ヒトが読むからには最低限読んでいて飽きない、なるほどと思えるようなものでなければいけません。事業計画書という、お堅い名前もありどうしても形式的なモノになりがちですが、事業者が熱を持って考えた言葉の表現は心に響きますし、好感がもてます。

極端な話「事業計画書」は、常識の範囲内であなたの思いや今後の方向性が描ければどのような形でも良いのです。

とはいえ、いきなり事業計画書を書けと言われてもキツイと思いますので、ある程度の流れを掴むためにも、次項では、私が作成した事業計画書の構成を公開・解説していきたいと思いますので、参考にしてみて下さい。

HigeDao式「事業計画書」

事業計画に記載した内容

私は大きく5つの項目に分けて、事業計画を作成しました。

・自己紹介と既存事業分析

・コロナによる影響と補助金が必要となる理由

・再構築事業説明、市場分析


・将来的な展望


・再構築事業のスケジュールと補助経費、収益計画の明示

基本的にはこれらをベースとして書いていきました。
以下5項目をもう少し細分化して記載内容を解説していきます。

自己紹介と既存事業分析

初めに自分や会社のこと、既存の事業を知ってもらう必要があります

自己紹介

簡単な自己紹介を書きましょう。法人であれば、会社概要ですね。

連絡先はもちろん、ホームページのURLを記載しても良いですし、アピールできるスキルや資格があれば記載しておきましょう。

なお、事業再構築補助金の申請の場合、申請時にプロフィールに各種連絡先やホームページのURLを記載する項目があるので、重複して記載する必要はないかもしれません。

私は、個人の簡単な自己紹介とスキルや資格を記載しました。

概略

事業開始~現在までの簡単なあらましを記載します。

そのうえで既存事業の商品やサービスについて、以下を意識して明確に記載しましょう。

・誰に    → ターゲット

・何を    → 商品やサービスの内容

・どのように → 販売や提供方法、手段

・+@事業の写真
→商品やサービスが視覚的にわかると具体性が増す。事業所や事業主もわかるとより良い!

既存事業分析

自己紹介、概略を踏まえ既存事業の現状分析をしていきます。ここで、課題を明らかにすることで、事業再構築の必要性を訴える基盤を整えます

・市場動向
→具体的に表やグラフ、数値があるとわかりやすい

・競合
→具体的な会社名や競合との比較

・強みと弱み
→強みしか書かないのは✖。むしろ、弱みを事業再構築の理由に繋げるべき

コロナによる影響と補助金が必要となる理由

私は、緊急事態宣言枠で申請をしているため、コロナによる影響をどれだけ受けたかを記載しています。基本的に事業再構築補助金については、売上減少が要件なので、売上減少の理由については、記載すべきです。

そして、既存事業の分析とコロナによる影響を踏まえて、なぜ今回の補助金が必要なのかを記載します。

意外にこの補助金が必要な理由が抜ける印象があります。

ここまで述べたことは、あくまで事業再構築の必要性であり、補助金が必要な理由とは必ずしもイコールにならないから補助金が必要な理由については記載すべきです。

事業再構築事業説明、市場分析

今回の一番のメインどころの当補助金で行う事業の内容について記載していきます。

再構築事業説明

再構築事業の内容を記載していきます。

・事業再構築区分
→事業再構築の5項目のいずれを選択したか記載

・事業名
→再構築事業の名称(具体的に何をするか端的にわかるように書く)

☆要件確認
→再構築事業要件を満たすことを明示します

・事業内容+@事業の写真
→既存事業と同様な視点で「誰に、何を、どのように」を具体的に記載していきます。ここで商品やサービスのイメージがわかる写真があると尚良き!

・事業戦略
→どのようにか事業化していくか現段階での構想

・契機(きっかけ)
→なぜその事業を選んだかの理由

事業再構築区分と、事業名については、申請プロフィールにも記載しますが、事業計画書にも記載しておいた方が、流れ上スムーズに記載しやすいと思います。
要件確認については、各事業再構築区分には、満たすべき要件があるので私の場合、ここで明示しました。
というのも、かなりの枚数に及ぶであろう今回の事業計画書は、全体を横断的に見れば要件を満たしているかどうかは自分なりにはわかると思いますが、おそらく読み手は要件を一つ一つ満たしているかを全体の事業計画から読み取るのは、かなりしんどい作業であり、かつ読み取れない可能性があります。
そのため、しっかりとここで要件を全て書き出して、それぞれ満たしていますよの説明を入れておきました。
ここは、前回に記事で言った「見る側への配慮」ですね

市場分析

再構築事業の市場分析を記載します。

・市場動向

・課題と対策

良い面ばかりでなく、しっかりと課題にも触れておきましょう。

この段階で、その課題に対してどのような対策を講じるかをしっかり書ければ尚良きです!

将来的な展望

再構築事業の内容、市場分析を踏まえて具体的な目標を記載します。

・数値目標
→再構築事業の商品やサービスの具体的な価格や販売数、サービス提供人数を記載します。

・当事業後の展望
→当補助金にて行う事業以後の事業プランを記載する

具体的な数値目標はこの時点では、中々立てにくいと思います。私の場合、再構築事業を行っている企業の価格帯を具体的に明示して、自分のキャパシティーと現実的な市況を踏まえて数値目標を作成しました。

ここは、次の収益計画にも繋がってくるところなので、ある程度の根拠が示せると良いです。

当事業後の展望については、この補助金はあくまで事業再構築の「スタ-トを支援」するものであるため、当補助金による事業はこれからも続く前提であるため、当然未来についてもある程度方向性を示す必要があります。

私の場合、市場動向を踏まえてある程度の需要が見込め、かつ自分のやりたいことを軽く触れておきました。

再構築事業のスケジュールと補助経費、収益計画の明示

さいごに、再構築事業のスケジュールと各種数値の計算根拠を示します。

・事業取組の現状
→申請時における現状の取り組み状況を記載します。

・事業スケジュール
→申請後のスケージュールを記載します

・補助事業経費とその必要な理由
→補助金で購入する資産等の項目と金額、必要な理由を記載します

・収益計画との計算根拠明
→数値目標を踏まえて、達成すべき付加価値割合を満たす収益計画と計算根拠を示します

事業取組の現状については、既に取り組んでいる旨を記載できる方が良いため、なにかしら取り組んでいるアピールを記載しましょう。
今後のスケジュールは、現段階でのある程度のスケジュール感を記載しておきましょう。
補助事業経費とその必要な理由に関しては、金額はあくまでこの段階では、ざっくりでよいですが、基本的には大きめに金額は記載しておくべきです。補助金は申請額より実際購入金額が少なくなる分にはあまり問題はないですが、大きくなると事業計画の変更を強いられたり、最悪補助事業経費として認められなくなるからです。できれば、この段階でしっかりとした見積等で明確な金額を示せれば尚良きです。
また、研修費などは、具体的な研修先や研修名もこの段階で記載する必要があります。補助経費によって求められるものが変わってきますのでしっかり確認しときましょう。
収益計画については、各種満たすべき数値要件があると思うので、それを満たすように作成しましょう。私は、収益計画をエクセルで作成して、それをベタ付けしました。そして、それぞれしっかりと計算根拠を計算式付きで説明しました。

さいごに

ここまで、我流の事業計画書の書き方について記載してきました。

今回は、事業再構築補助金用の事業計画書ですが、これを加工すれば、いろんなところで十分使える事業計画書の内容になると思いますので、一つの参考にしていただければ幸いです。

なお、今回はあくまで「私はこう書きました」という共有であり、現状において補助金を採択されたわけでもなく、事業計画書に正解はありません。

自分なりに試行錯誤して、いろんな人に見てもらって事業計画書は磨かれていきますので、面倒ではありますが、じっくり悩んで作成してきましょう。

次回は、事業再構築補助金について申請にあたり間違いやすそうな点、私が事務局に質問した内容と回答を共有していこうと思います。

最新情報をチェック!