貸借対照表① 基礎編

財務諸表と複式簿記で、日常の経済活動の取引を複式簿記のルールに従って帳簿に記載し、財務諸表を作成するという話をして、具体的に経済活動を仕訳化して簡易な貸借対照表と損益計算書を作成してみました。

財務諸表の代表的な2大指標である貸借対照表と損益計算書が見れればある程度の会社の規模感や財政状況、業績がわかってきます。

今回はそのうちの1つ貸借対照表を見ていきたいと思います。

貸借対照表

貸借対照表は、横文字でBalance Sheet略してBSとよくいわれます。これは貸借対照表の左側である借方と右側の貸方の両サイドの金額合計が必ず一致してバランスすることから言われています。つまり簿記の仕訳と同様左と右の理論で集計されたもののうち、資産・負債・純資産の3つに区分されものを集約したものが貸借対照表です。
貸借対照表は会社がどのようにして資金を調達し、調達した資金をどのように運用しているかを確認することができ、会社の一定時点における財政状況を把握し会社の体力を見ることができます。

前回も仕訳のところで少し触れましたが、ここではもう少し掘り下げてみていきます。

資産の部

通常、上から現金化されやすいもので下にいくほど換金しにくいもので並べられます。これを「流動性配列」とよび、資金化されやすい=流動性の高いものから羅列する方式です。一般的に現金や預金などが一番上にきます。

資産は、大きく流動資産固定資産に分類され、固定資産はさらに3つにわかれます。

流動資産と固定資産は流動性を見る中で「1年基準」という1年でその資産が現金化されるか否かで分けられています。流動資産は一般的に1年以内に現金化されるものであるため名前の通り流動性が高い資産となります。

固定資産のうち有形固定資産無形固定資産は、名前の通り形があるものとないものにわけられます。

有形固定資産は、建物、建物附属設備、構築物、車両運搬具、器具備品、機械装置などがあります。

無形固定資産は、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、ソフトウェアなどの勘定科目があります。

一部例外はありますが、ある程度モノや権利の名前のイメージでわけられるかなーと思います。

投資その他の資産は、企業が利益を目的として投資をした長期資金のことで、投資有価証券、関係会社株式、長期貸付金、差入保証金などの勘定科目があげられます。

負債の部

資産と同様、流動性の高いものから並べられ、流動負債と固定負債も「1年基準」で判断されます。負債は、返済すべき期間の短い順番に上から並べていくのが一般的です。

純資産の部

純資産は資産と負債の差額で、返済義務のない純然たる資産といわれており、会社の資産と負債とは若干毛色が異なります。

純資産の大部分は株主資本という株主から出資されたお金で成り立っており、その他は話すとややこいので今回は割愛しときますが、このようなものがここに入るんだ位のイメージは持っといてもらっても良いかと思います。

基本的に出資された資金は資本金を構成します。

ここの金額会社の規模や税金計算上の判定にも利用されるため会社の規模を見る一つの指標となります。

出資された資金のうち資本金に入れなった部分を資本剰余金とされます。資本剰余金は「資本準備金」と「その他資本剰余金」からなります。資本金の補助資金みたいなイメージを持っといてもらえれば良いです。

利益剰余金は、「利益準備金」と「その他利益剰余金」からなり、利益準備金は、会社法によって積み立てることが義務付けられているお金をいい、その他利益剰余金は当期の利益と過去の利益の積み重ねの合計額である繰越利益剰余金から構成されます。

純資産は目に見えないもので、聞きなれない言葉が多いのが純資産の部であまり仕訳を切る機会もないため、中々イメージが湧かないと思うので、なんとなくの理解でイイと思います。

さいごに

ここまで貸借対照表と資産、負債、純資産の性質について話してきました。

次回は実例を交えて解説したいと思います。

最新情報をチェック!